弁護士紹介

  1. HOME
  2. 弁護士紹介

弁護士  飯田 隆

代表電話 03-3214-5411 FAX番号 03-3214-5420

「Best for client」でもって、職務に全力を尽くす所存です。「明るく楽しく忙しく」が、弊法律事務所のモットーです。一般民事事件、企業法務、国際業務の拡充と共に、民事裁判実務の一層の充実を期す所存です。弊法律事務所の設立目的のひとつである若手弁護士の育成につきましては、本年1月にも71期の新進気鋭の新規登録弁護士である髙月昭年弁護士、清水元貴弁護士、山田奈美香弁護士が入所しました。ご指導ご鞭撻を何卒宜しくお願い申し上げます。

弁護士  石川 博一

直通電話 03-3214-5413 FAX番号 03-3214-5420

弁護士経験は未だ少ない年数ですが、約40年の社会人(銀行)経験があります。

顧客にとって、何が最善の解決策かを念頭に置いて、活動しております。

弁護士  一木 剛太郎

直通電話 03-3214-5414 FAX番号 03-3214-5420

弁護士生活40年を機に当事務所に参加しました。これまでは国際案件・アセットマネジメント分野を中心に取り扱ってまいりましたが、今後はより幅広く依頼者の方々のニーズにお応えできればと思っています。

弁護士  柴崎 洋一

直通電話 03-3214-5415 FAX番号 03-3214-5420
携帯電話 080-4326-4114

EUの首都ブリュッセルの法律事務所で30年にわたり日系企業を依頼者にEU法、契約関係および紛争関係の仕事に従事してきました。日本に頻繁に出張ベースで参っておりましたが、近年日本に滞在する期間が顕著に増え、宏和法律事務所を日本における登録事務所とさせて頂くことになりました。現在GDPR関係および競争法とM&Aから代理店契約まで幅の広い契約実務、契約紛争並びにコンプライアンスの仕事が中心です。今後も「海外のリスク管理」という広い目で案件処理にあたりたいと思います。長年にわたり医者いらずで、オムロンの健康バロメーターでは健康年齢40歳です。軽いスポーツとフルートが趣味です。

弁護士  角野 太佳

直通電話 03-3214-5411 FAX番号 03-3214-5420

私は、困っている人の手助けをしたい、人や社会の中でうまくやっていくことが難しいと感じている人の力になりたいという思いをもち、弁護士を志しました。実際に弁護士として働いていると、一筋縄ではいかない問題も多いです。日々の研鑽の重要性を身をもって感じています。専門家としての高い法的能力を身につけ、また、人の気持ちを理解しようとする姿勢を大切にしながら、ご相談者の方にとっての最善の道をご一緒に考えたいと思います。まだまだ弁護士への敷居は高く感じられるかもしれませんが、こんなことで弁護士に相談していいものかなどと思い悩まず、まずはお気軽にご相談ください。

弁護士  髙月 昭年

直通電話 03-3214-5418 FAX番号 03-3214-5420

銀行員と大学教員を経てからの司法試験チャレンジ、孫4人の新人弁護士です。中小企業の金融や、事業承継などをお手伝いできると嬉しく思います。「事件が先生」をモットーに取り組んでいきますので、よろしくお願いします。

弁護士  清水 元貴

直通電話 03-3214-5416 FAX番号 03-3214-5420

強くなければ生きていけない。そのようなことも言われますが、人は誰でも、弱い立場に陥ってしまうことがあります。私が弁護士になろうと思ったきっかけは、弱い立場に陥ってしまった方が、理不尽な目に遭ったのを目の当たりにしたことでした。弱い立場に陥ってしまった際や、弱い立場に陥らないように予防する際に、お力になりたいと強く思っております。弁護士に相談していいものか、迷ったらお早めにご連絡ください。病気と同様、早期発見、早期対処が重要です。

特に力を入れたいのが、障害者(特に精神・発達障害者)・高齢者の方の労働問題です。弱い立場に陥りがちな障害者・高齢者の方でも生きやすい社会は、誰にとっても生きやすい社会になると思います。そのような社会の実現のため、目の前の依頼者に対して、全力で向き合って参ります。生きづらさを抱える労働者の方も、そのような方でも働きやすい職場にしようと日々努力されている使用者の方も、どなたでもお気軽にご相談ください。

弁護士  山田 奈美香

直通電話 03-3214-5417 FAX番号 03-3214-5420

私は、「悩みを持つ人が相談相手として最初に思い浮かべる人 」でありたいと思い、弁護士を目指しました。様々な悩みやトラブルを抱えている方の一番の相談相手として、話を聞き、共に悩み、解決策を模索できればと思っております。「弁護士に相談する」と言うと堅苦しい・大げさであるとのイメージを抱かれる方もいらっしゃると思いますが、まずはお気軽にご相談ください。

皆様のお力になれるよう、誠心誠意尽力したいと思います。よろしくお願い致します。